『故郷に戻ることがもうないので、お参りに行くのも大変になるので現在の住まいの近くにお墓を移したい』といった理由で、お墓を移す場合があります。このように、遺骨を既存のお墓から新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬といいます。改葬するためには、既存のお墓のある市区町村役所で改葬の許可を得る必要があります。そのためには、遺骨を移す新しい墓地が決まっていることが必要要件になってきます。まず、新しい墓地の準備をすることから始まります。既存のお墓に埋葬されている遺骨が全部収蔵できるか、同じ宗派・宗旨の墓が建てられるかなどを考えて墓地を探します。既存の墓地の管理者には、改葬を申し出て、埋蔵証明書の発行を依頼します。改葬されることは墓地の管理者にとってはあまり望ましいことではないと言えます。特に寺院墓地の場合、檀家から離れることなので、快く思われないことも考えられます。

改葬を申し出ても承諾を得るまでに日数がかかることも考えられます。一方的に改葬を申し出るのではなく、まずは相談するという形から話を始めたほうがスムーズに進みます。また、既存の墓地のある地域に親戚がいる場合、その後の付き合いにも影響が出てきます。親戚にも事前にしっかり話をして承諾を得ておくことが大切です。改葬に必要な改葬許可証は、既存の墓地のある市区町村役所に申請して発行してもらいます。基本として必要になるのは、新しい墓地の受け入れ証明書と、既存墓地の埋葬(埋蔵)許可書、改葬許可申請書です。ただし、受け入れ証明書を墓地の使用許可書で代用できたり、改葬許可申請書に既存墓地の管理者に署名、押印してもらうことでそれが埋葬(埋蔵)証明になったりする場合があるなど、申請の様式や必要な書類が各市区町村で多少異なっています。事前に確認しておくことが大事です。共同墓地や家の敷地内、畑の一画にある場合などはその旨を話し、手続きの方法を確認しておきます。許可証は遺骨1体につき1枚必要となり、申請書も遺骨1体ごとに提出することになります。なお、改葬のための費用として見積もっておく必要がある項目も挙げておきます。

新しい墓地の墓地使用料・管理料、新しい墓石の建築費用、既存のお墓の御魂抜き法要の費用、既存墓石の処理の費用、既存墓地を返還するために更地にする費用、新しい墓地の開眼・納骨法要の費用、改装事務手続きの費用、諸手続きや改装作業のための既存墓地との往復交通費などが、改葬に伴って発生してくる費用となります。しっかり計画を立てておくことが大切です。