お墓を建てるといっても、誰が入るものなのかによって、そのタイプは変わってきます。両親の入るお墓を建て、ゆくゆくは自分や自分の子供もそこに入るようにする、実家の両親のみが入るものを建てる、生涯独身を通すので個人墓を建てる、などのように、建てる目的は様々あります。承継する人がいるかどうかなどをよく考えたうえで、どのようなものを建てるのが最適であるのかを考える必要があります。家墓は親から子へ、子から孫へと代々受け継がれていくものです。最も一般的であり、累代墓、代々墓、先祖墓とも呼ばれています。家名を墓石に刻んだものや、家名はなく『累代之墓』などと刻んだものもあります。自分たちが亡くなったあと、子供や親族に、継承する人がいることが建墓の条件となります。1人っ子同士が結婚してどちらにも承継するお墓がない場合、家墓のしきたりに従うのなら、この夫婦はそれぞれの両親の家墓を建てることになります。

しかし2つ建てて、維持管理していくことは経済的にも負担の大きなものとなってしまいます。この場合は両家墓として1つのお墓を建て、そこに双方の両親を祀るという方法があります。この先、代々承継していくことを考え、名号や題目を刻む、または『和』『絆』などの好きな言葉を刻むケースが多いようです。特定の1人だけの遺骨を納める個人墓は、生涯独身を通す人など、希望する理由は様々です。個人墓では、承継する人がいないので、その管理については永代供養の契約を結んでおく必要があります。他人と一緒に埋葬される永代供養の共同墓とは違い、あくまで自分のお墓として供養してもらうことができます。原則として33回忌までや、50年間など、墓地ごとに永代供養の期限は決まっており、それ以降は他の人と一緒に合祀されます。個人墓の一種で、夫婦2人だけが入るものとして夫婦墓というものもあります。子供のいない夫婦が自分たちのために建てるケースや、嫁いだ娘が実家の両親のお墓として建てるケースが多いです。夫婦墓も個人墓と同様に、承継する人がいない場合には永代供養の契約を結んでおく必要があります。また、最近では家名を刻まず、『愛』や『絆』など、墓石に抽象的な文字を刻むケースも増えてきています。

子供が女子だけの家庭では、娘が結婚後に姓が変わっても、家名の入っていないお墓は娘の子供が承継しても違和感がないというメリットがあります。承継者の姓が変わっても墓石を刻み直す必要がありません。また、家族の記念碑として、好きな言葉を刻むケースも増えてきています。