公営墓地とは、都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地です。お墓にとって最も重要な永続性が保証されているので、安心して使用することができます。民間墓地と比較すると、永代使用料や管理料が安いので、とても人気があります。宗教を問わないので、どの宗教でも利用できます。ただし申し込むには各自治体によって定められた資格を有している必要があります。募集時期や申し込みに関しては事前に各自治体に問い合わせておくとよいです。民間墓地にお墓を建てる際には、石材店が指定されているケースが多いですが、公営墓地には石材店の指定は特にありません。自分の選んだ石材店に発注することができます。特に、デザイン墓石を建てたいなどの理由で特定の石材店を希望する場合は、石材店を自由に選べることは大きなメリットとなります。

公営墓地の募集方法は各自治体によって違いますが、年1回公募があるのが一般的です。広報紙や新聞などを通して募集し、抽選が行われます。申し込み資格は民営墓地よりも厳しく、各自治体によって様々な条件がありますのでよく確認しておくことが大切です。石材店によっては、公営墓地の申し込み手続きを無料で代行するところもあります。ただし、石材店に手続き代行を依頼した場合、抽選に当たって墓地を確保できたら、その店に墓石建立を注文しなければならないなどの取り決めがあります。石材店に手続き代行を依頼する場合は、事前に条件などを確認しておくことが大事です。公営墓地にお墓を建てる最も大きな魅力は、取得する際に必要な費用が民間墓地に比べて割安なことです。長年使用していくことを考えると、年間管理料の安さは見逃せません。ただし、同じ墓地でも価格は毎年変化し、もちろん広い区画になればそれだけ使用料、管理料が上がるのは民営墓地と変わりません。各自治体によって費用の支払い方法にも違いがあります。また、公営墓地は募集時期が限られていたり希望者が多いため、一般的には取得するのが困難であることが多いのが実情です。手元に遺骨があってお墓を建てる墓地を探していたらタイミングよく近くの公営墓地で募集があり、さらに抽選に当選するというケースはそうはありません。

ですので、日ごろから情報を収集しておくことが大切になってきます。地域によっても競争率も異なってきますので、最初から無理だとあきらめずに、まずは自分の住んでいる自治体に問い合わせてみるところから始めることが重要です。